img_3

「現代の文学」と言えるのは西尾維新の作品だと思う話。

「オタク」と呼ばれる人たちに対しての目が変わってきた昨今。

一昔前は、気持ち悪いだの馬鹿にされていた気がするが、最近ではオタクであることが一種のステータスになっている気もする。

 

そんな中でもアニメ文化はかなり注目されている。

そんな時代だからこそ、西尾維新の各作品は「現代の文学」だと思う。

 

いや、文学に詳しいわけじゃないけどそれっぽく書いてみる。

Continue reading…